読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々思うことと仕事についてのあれこれ

思うことをかいていこうかと。

タラタラと書いてます

こんばんば。silverfoxです。

 

ここのところ、夜にワインを飲みたいと思うことが多く、日曜日に近所のスーバーで白ワインを購入しました。エノテカセレクトならはずれはないだろうと思い、千円のフルボトルを買いました。うん、冷やして飲むと十分美味しい。カデってなまえの葡萄らしい。

 

本日はいつも通り仕事して。

飯食って。

 

久しぶりに内田樹センセの「街場の大学論」を再読した。

本日読んだ箇所は、私立大学存続のためにはカンフル剤的な対応よりも長期的な視点で対策を立てた方が良いということ、大学教員の論文数が少ないことや評価について書かれていた。

 

評価で思い出したのが、私の職場における評価制度。

私は評価されるのが嫌いで(評価することも好きではないけど、される場合程嫌い、というわけではない)、評価されるならどこがどのように評価されたかきちんとフィードバックをしてほしいと考えています。

 

私は評価をする側だったのですが、先日、大まかに言えば、「メンバーの評価をしろ」アンケートメールが廻ってきましてね。そして、とても腹が立ちましてね。というのも、「評価」というタイトルこそあるものの、実質「マイナスの評価」のことでしてね。しかもその言葉遣いがとても偉そうで。「○○に該当する者」とかね。

 

今回に限らないのですが、経営陣の従業員に対する考え方が垣間見える瞬間ですよねぇ…。意識してかどうかはわかりませんが。

 

評価自体はたしかにシビアにする必要があるとは思うんだけど、本当によくわからないのは、従業員のパフォーマンスをあげる(=従業員がのびのびと働く)ためには、「自主性を重んじる」「(上が下に)尊厳をもって接する」ことが最良の方法じゃないのだろうか・・?

 

さて、明日は火曜日。

良き一日でありますように!