読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々思うことと仕事についてのあれこれ

思うことをかいていこうかと。

日記

こんばんは。slverfoxです。

朝方が強めの雨が降ってどうなることかと思ってましたが、午後にはやんで師走の雰囲気と相まって個人的にはわりと好きな空気感になりました。今宵はDes'reeのアルバムを聴きながらカタカタとPCを打っています。

 

本日は職場で嫌なことがありましてね…

有給休暇取得について職場で納得いかないことがありました。自分が経営者だとしたら、従業員がいつ取得しようが異論を唱えることはしない、そんな気持ちでいます。もちろん業務に支障が出る、例えば人数が少なくて本当に業務が廻らない場合は出てもらわなくては困るでしょうけど、そうした場合でも、やはり出勤を「お願い」する形になるかと思います。そして、有給休暇取得が権利である以上、それは妥当で合理的でしょう。「出勤するのが当然だ」なんて態度は(思ってたとしても)出したくない。

 

ところが、今の職場はどうやらそうではないらしい(いや、前から知っていたけど・・)。直属の上司がOK出したとしても、その上から横やりが入ってきます。どうやら有給取得をとるべきでないタイミング(畑違いの実務のはずなのになぜそれが判断できるんだ?)というのが頭の中にあるらしく、そぐわない場合は目をつけられます。大抵は納得しがたい(一応理解はできますが)、ざっくり言うと「そういうものだから」、という理由です。すなわち旧態依然とした日本の横並び意識。

 

何が嫌悪感をもよおさせるかと言うと、会社(経営者層)が従業員を信用していない、自分たちの考え方を疑うことを知らないこと。また、気持ちよく仕事をしようなどと声高に言うも、同一性が強く求められ、かなり強固の管理主義な点。「伸び伸び仕事」なんてのを社是とすれば、カルチャーとしては「分散・緩やかな独立・自由」になるのが自然な流れだと思うんだけど、違うのでしょうか?有給休暇取得の件もそうですが、業務に支障がないにもかかわらず横並び意識が理由で良い顔をされないなんて、悔しい限りですね。

 

そんな職場ともひとまず明日でおさらばと思うと、ホッとします・・

 

飲まなきゃやってられないよね!!!